vol.10 経営戦略の基本とは?  


牧ブログ


レコルトのマキです!

 

 

本ブログは

 

スタッフの労働環境と雇用環境を

改善する為の同業者様向けの

美容室経営ブログです!

スタッフが好きな休みが取れたり

スタッフの労働環境、雇用条件を上げて

美容師として幸せな人生を送れる

環境づくりフォーカスにしています。

 

本日は

 

経営戦略の基本とは?

 

経営戦略をわかりやすくする為に

「そうめん」というのを
「利益」や「顧客」に見立てると
理解度が深まります。

流しそうめん(利益)を
しっかり食べるには

3つの要素が必要なんですね。

1、そうめんが流れてくる場所に行く

2、そうめんを受け取れる場所に陣取る

3、そうめんを受け取るおわんにそうめんを入れる

 

この当たり前ができなければ

利益が生まれません

成功に必要な3要素

1、そうめんが流れてくる場所に行く

そうめんが流れてくる場所。

これは『市場』のことです。

見込み顧客がいる場所ということ。

そうめんが流れてくる場所に行けば、

とりあえず食べられますよね?

でも、そうめんの流れてくる場所が分からないとか、

最悪なのは、そうめんが流れてくる場所まで行かずに

「そうめんよ!私のおわんに集まれ!」

と言って、無理に集客しようとすることです。

大半の失敗ビジネスがこれやってます。

で、大事なのは、

「流しそうめんの開催地はめちゃくちゃたくさんある」

ということです。

至る所で、流してます。

至る所に、マーケットは存在します。

だから、まずその場所(市場)を決めて、

そこまで行く(参入する)

ということが最初なんですね。

ネットならばどこにその市場があるかは、

どの購買目的のキーワードが、

どれくらい検索されているか?

で分かります。

代表的なツールは

Googleのキーワードツールです。

これで、自分の顧客がネットで

なんて検索して自分の商品を買うのか?

思いつかない場合は、アウトです。

流しそうめんの開催地が分からない状態です。

直ちに、どの流しそうめんの開催地に行くか、

決めましょう。

その場所に広告を打ったり、

検索で上位表示されたりすれば

そうめんがガンガン流れてくる場所に行けます。

これをマーケットと言います。

2、そうめんを受け取れる場所に陣取る

流しそうめんというのは、

一本道なので、流す場所に近い人ほど、

たくさんそうめんを取れますよね?

逆に、流しそうめんの末端にいたのでは、

他の人がみんな食べてしまいます。

つまり、「場所どり」が重要なわけです。

この「そうめんが取れる場所」が

「空いている」という

流しそうめんの開催地を見つけた方が

確実にそうめんにありつけます。

つまり、「競合が少ない」という場所です。

もちろん、そんな流しそうめんの

開催地はなかなか見つからないでしょう。

どこも満員かもしれません。

でも、その中から陣取れる隙間を

見つけてくる必要があります。

少なくとも、そうめんを取れる場所、

そうめんが自分に向かって流れてくる場所に

陣取れないと機会はゼロです。

あるいは競合が多くても

「競合が弱い部分」を見つけましょう。

やたらと食べるのが遅い人が中にはいるものです。

そうめんを取るのがやたら下手な人がいるものです。

その隙をついて、そうめんを奪取してください。

また、

誰も食べてくれない流しそうめんの開催地

は穴場です。

何せ、そうめんさんは、流れて行くだけ。

行き着く場所は、バケツか何かです。

そういう

困ったままで解決できない

お客様がいっぱいいる場所

そこを見つければ食べ放題です。

これをポジショニングと言います。

3、そうめんを受け取るおわんにそうめんを入れる

最後ですが、

「そうめんが流れくるところに行った」

「そこでそうめんを取れる場所に陣取った」

そしたら、そうめんは食べ放題なのですが、

ここで要注意なんです。

それは「おわん」がしょぼいと、

食べられないということです。

例えば、おちょこで食べたり

穴だらけのおわんなら

いくらすくってもダダもれです。

ビジネスで言えば、

・一回の売り上げ額が小さすぎる

・労働が多すぎる

・リピートされない

・リストを取っていない

こういう現象です。

つまり、おわんは

「ビジネスモデル」です。

しっかりとしたサイズの、

穴も開いていない「おわん」

これさえあれば、

一度に適切な量のそうめんを

おわんに入れることができます。

穴がなければ、一度おわんに

入れたそうめんは逃すことはありません。

 

これで一気にブレイクスルーが起きて

・開催地行ってないで「流しそうめん来ない!」

・競合多い?場所取り悪い?だから
残りそうめんしか食えなかったのか!

・おわん小さすぎるわ!

という気づきがあれば、これ幸いです。

それに気づいたなら、じゃあどうするか?ですよね。

まず、2つ教えます。

1)流しそうめんの開催地を知る方法

自分がどこのマーケットにいるのか

分かっていない会社は非常に多いです。

例えば「ピアノ教室の市場です」という人がいますが、

それでは何もわかりません。

なんの問題や希望があってピアノを始めるのでしょうか?

「この地域で趣味でピアノを始めたい男性サラリーマン」

「作曲を始めたい人」

色々といるはずです。

これを知るには、教室にリピートしている優良顧客が

ピアノを始めようと思った

「当初の問題」を聞き出すことです。

それこそが流しそうめんの開催地です。

2)場所どりをする方法

その問題や希望が発生しても、

他にもピアノ教室はたくさんあります。

なぜその教室を選ばれたのでしょうか?

それこそが他の競合よりも優れた点です。

それが購買動機です。

その1点において、その教室は他よりも

優れていると見られています。

その場所で陣取ることです。

そして、(1)(2)を販促活動に活用します。

すると不思議なことに、

そうめんが流れっぱなしの場所に行けます。

 

利益体質で人がやめない経営術とは・・・
牧健太郎(まきけんたろう)
株式会社Lib Works 代表取締役
1977年 生まれの41歳

12年の東京生活を終えて大分市に
2007年
レコルトヘアーインクをオープン
(給料は安く、長時間労働の最悪な経営でした)

2009年 闘病中の父親に接する為
サロンワークを減らす
2011年 父親が亡くなる
2011年 スタッフ全員やめる

2012年 時間とお金を掛けて
いろいろな技術セミナーに行き
タダの
ノウハウコレクターになってしまう。

2014年
マツエクの技術とコンサルを受けて
経営戦略の勉強をはじめる

2018年 サロンビジネスアカデミー鈴木塾の
脱職人経営を読み、
経営戦略の大事さを痛感する

2019年 サロンビジネスアカデミー
鈴木塾9期を卒業し右肩あがりに業績を上げて

 

3年連続前年比120%、

3年連続離職0人をキープして

過去最高売上を記録中!

 

お問い合わせ