vol.11 弊社が3年間、離職ゼロの訳とは?  


牧ブログ


レコルトのマキです!

 

 

本ブログは

 

スタッフの労働環境と雇用環境を

改善する為の同業者様向けの

美容室経営ブログです!

スタッフが好きな休みが取れたり

スタッフの労働環境、雇用条件を上げて

美容師として幸せな人生を送れる

環境づくりフォーカスにしています。

 

本日は

弊社が3年間、離職ゼロの訳とは?

美容師さんの年間休日は少ない事で有名ですが

あなたの美容室はいかがでしょうか?

 

私の経営する美容室(レコルト)では

☆完全週休2日制

☆おおむね、8.5時間労働

☆月間の残業時間、一切なし

☆シフト制なので土日祝休める

☆飲み会一切なし

などなど、ほかにも

実例での言語化している

福利厚生は多数あります。

 

年間休日は余裕で100日以上あります。

 

■完全週休二日制×52週=104日

 

それにプラスでお盆正月の連休、他に慶弔休暇など・・

 

もちろんスタッフは休みが多い方がいいですよね。

では、美容室経営者としてはどうでしょうか??

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

実は、美容室経営的にも休みを

たくさんあげるほうがメリットがあります。

休みが多くて困る事は

目先の売上が減ることだけだからです。

 

メリットを上げると、

■スタッフが定着する

■休日が充実する事で仕事のモチベーションが上がる

■求人が集まる

短期的な目線でみればあまり

休んでほしくはありませんが、

長期的な目線ならばどんどん休ませるべきなのです。

 

ならば、はじめから

『休みが多い中で、いかに売上を上げるか』に

着目した方が効率的ではないでしょうか?

 

「売上が上がってから休みを増やそう!」

ではなく、

「休みを増やしてから、売上を上げる方法を考えよう!」

が、結果的に繁盛する

サロン経営につながります。

 

仕事で成果が出せる人は、

たいてい遊び上手ですからね。

休日の充実度と仕事の成果というのは

比例してしまうのです。

 

利益体質で人がやめない経営術とは・・・
牧健太郎(まきけんたろう)
株式会社Lib Works 代表取締役
1977年 生まれの41歳

12年の東京生活を終えて大分市に
2007年
レコルトヘアーインクをオープン
(給料は安く、長時間労働の最悪な経営でした)

2009年 闘病中の父親に接する為
サロンワークを減らす
2011年 父親が亡くなる
2011年 スタッフ全員やめる

2012年 時間とお金を掛けて
いろいろな技術セミナーに行き
タダの
ノウハウコレクターになってしまう。

2014年
マツエクの技術とコンサルを受けて
経営戦略の勉強をはじめる

2018年 サロンビジネスアカデミー鈴木塾の
脱職人経営を読み、
経営戦略の大事さを痛感する

2019年 サロンビジネスアカデミー
鈴木塾9期を卒業し右肩あがりに業績を上げて

 

3年連続前年比120%、

3年連続離職0人をキープして

過去最高売上を記録中!

 

お問い合わせ