vol.14 優れた技術だけでは美容室にお客さんは集まらないのはなぜ?  


牧ブログ


レコルトのマキです!

 

 

本ブログは

 

スタッフの労働環境と雇用環境を

改善する為の同業者様向けの

美容室経営ブログです!

スタッフが好きな休みが取れたり

スタッフの労働環境、雇用条件を上げて

美容師として幸せな人生を送れる

環境づくりフォーカスにしています。

 

本日は

優れた技術だけでは美容室に
お客さんは集まらないのはなぜ?

 

「経営者として勉強したい」という、

近県の美容室のオーナーさんから

インスタやFacebook経由での

問い合わせが増えてきました。

 

お話を伺うと美容師としては

かなり優秀な方ばかりです。

しかし、、、残念ながら、

美容師としてどんなに優れた技術や

サービスがあっても、

それだけで経営がうまくいくことはありえません。

 

ご相談を頂く大多数のオーナーさまは

優れた技術を持つハイパフォーマーの方々ですが

皆様がスタッフの離職問題において

疲弊、疲労しておられる方々が大多数です。

 

独立した時の情熱とバイタリティーが

スタッフの離職問題において

お店のサービスや経営状況の

不安定状態を作り上げているのが

現状だと思います。

 

また、弊社の直近3年の離職ゼロの仕組みを

聞かれる事が多い現実があるのです

お客さんの初回来店においての

判断基準は「よさそう」だから

 

当然ですが、お客さんはサービスを

購入する前にそのサービスは受けていません。

つまり、お客さんは「いいサービス」だから

来店してくれるわけではなく、

「よさそうなサービス」だから

来店されているわけですね。

 

もし、他の美容室の方が優れていると

思われてしまえばその時点で終わりです。

ですので、素晴らしい技術があるならば、

そのサービスの良さを常に

理解してもらうことが必要になるのです。

 

さらに言えば、技術やサービスうんぬんの前に、

お店の存在そのものを

知ってもらうことから考えなければなりません

となれば、売れている美容室はまず

「情報の伝え方」が優れているということが言えます。

 

マーケティングは無理矢理売り込むことではない

 

だからといって、

マーケティングやセールスは無理矢理お客さんに

売り込みをかけることではありません。

あくまで、自社の商品・サービスの良さを

余すことなく伝える活動のことを言っています。

 

ここにきちんと取り組んでいる美容室は、

価値と価格のバランスもとれ、

安易な値引きもいらなくなります。

そうすることで、質の高い美容室を

構築することが出来るのです。

マーケティングなしに優秀な美容室経営者にはなれない

 

というわけで、技術やサービスの追求だけを

頑張っていれば「いずれ売れる美容室になる」

というのは大きな感違いということになります。

◼︎美容室の存在をどのように知ってもらうか?

◼︎美容室のサービス価値をどれだけ的確に発信していくか?

 

まずは、これらにしっかり取り組まなければ

ならないのです。

 

利益体質で人がやめない経営術とは・・・
牧健太郎(まきけんたろう)
株式会社Lib Works 代表取締役
1977年 生まれの41歳

12年の東京生活を終えて大分市に
2007年
レコルトヘアーインクをオープン
(給料は安く、長時間労働の最悪な経営でした)

2009年 闘病中の父親に接する為
サロンワークを減らす
2011年 父親が亡くなる
2011年 スタッフ全員やめる

2012年 時間とお金を掛けて
いろいろな技術セミナーに行き
タダの
ノウハウコレクターになってしまう。

2014年
マツエクの技術とコンサルを受けて
経営戦略の勉強をはじめる

2018年 サロンビジネスアカデミー鈴木塾の
脱職人経営を読み、
経営戦略の大事さを痛感する

2019年 サロンビジネスアカデミー
鈴木塾9期を卒業し右肩あがりに業績を上げて

 

3年連続前年比120%、

3年連続離職0人をキープして

過去最高売上を記録中!

 

お問い合わせ