vol.6 美容室によく見る、多売薄利とは? 


牧ブログ


レコルトのマキです!

 

 

本ブログは

 

スタッフの労働環境と雇用環境を

改善する為の同業者様向けの

美容室経営ブログです!

スタッフが好きな休みが取れたり

スタッフの労働環境、雇用条件を上げて

美容師として幸せな人生を送れる

環境づくりフォーカスにしています。

 

本日は

 

美容室によく見る、多売薄利とは?

 

こんな言葉はありませんが、

「たくさん売ったのに、利益が出ない」

というのが、「多売薄利」です。

薄利多売の言葉をひっくり返しただけですが

例えば、美容室が1時間半で3500円の

カットサービスを販売しているとしましょう。

これ、たくさん売っても絶対に利益が出ないんですよ。

1人の美容師さんが、

毎日めちゃくちゃ頑張って5人をカットしたとします。

25日間やって、125人。

それで、43万7500円の売り上げですよね。

で、2人でやっている美容室として、

売り上げは87万5千円です。

給料合わせて、固定費が100万円としますね。

もう最初っから赤字です。

これが、「多売薄利」ですよ。

というか利益ゼロなので多売赤字です(苦笑)

で、たくさん客数のいるのに

儲かっていないビジネスは

ほぼ、こういう現象です。

じゃあ、「値段」の

問題なのかというと違います。

美容室で大成功している

QBハウスは1000円ですからね。

しかし、10分カットです。

回転率を上げているので、

問題なく利益がめちゃくちゃ出るわけです。

上記の例だと、

提供時間と価格のバランスが悪いから、

たくさん売っても儲からない

という状態なわけです。

今一度、時間と価格のバランスを

考え直して見直しましょう!

利益体質で人がやめない経営術とは・・・
牧健太郎(まきけんたろう)
株式会社Lib Works 代表取締役
1977年 生まれの41歳

12年の東京生活を終えて大分市に
2007年
レコルトヘアーインクをオープン
(給料は安く、長時間労働の最悪な経営でした)

2009年 闘病中の父親に接する為
サロンワークを減らす
2011年 父親が亡くなる
2011年 スタッフ全員やめる

2012年 時間とお金を掛けて
いろいろな技術セミナーに行き
タダの
ノウハウコレクターになってしまう。

2014年
マツエクの技術とコンサルを受けて
経営戦略の勉強をはじめる

2018年 サロンビジネスアカデミー鈴木塾の
脱職人経営を読み、
経営戦略の大事さを痛感する

2019年 サロンビジネスアカデミー
鈴木塾9期を卒業し右肩あがりに業績を上げて

 

3年連続前年比120%、

3年連続離職0人をキープして

過去最高売上を記録中!

 

お問い合わせ