vol.7 小さな美容室にとって重要な指標は「スタッフ一人当たりの粗利益」である理由 


牧ブログ


レコルトのマキです!

 

 

本ブログは

 

スタッフの労働環境と雇用環境を

改善する為の同業者様向けの

美容室経営ブログです!

スタッフが好きな休みが取れたり

スタッフの労働環境、雇用条件を上げて

美容師として幸せな人生を送れる

環境づくりフォーカスにしています。

 

本日は

小さな美容室にとって重要な指標は

「スタッフ一人当たりの粗利益」である理由

「美容室経営者として押さえておくべき1番大切な数字はなんですか?」

と聞かれたら・・・

迷わず「スタッフ一人当たりの粗利益です」と答えます。

スタッフ一人当たりの粗利益が低い場合、

社員の給料を搾取して利益を残すしか方法がないからです。

 

美容師が集まる美容室を構築するためには

「人材への投資」が必要になります。

◼︎美容師の年収を上げる

◼︎美容師の労働環境を整える

◼︎美容師の人材教育に投資する

そのためには、やはり一人当たりの

労働生産性を高める必要があるのです。

言ってしまえば、一人当たりの粗利益をしっかり確保することを

継続している限り、経営は失敗しようがないというのが極論です。

スタッフ一人当たりの粗利益の算出方法

美容室を経営するにあたり、お金の流れをシンプルに考えると

「粗利益の獲得」と「粗利益の分配」

の2つしかありません。

美容室における粗利益とは、

【売上−原価(材料費)】

で考えて良いでしょう。

 

個人的には、売上にかかる変動費として

水道光熱費を入れて考えてもいいかと考えます。

この粗利益をスタッフ数で割ると

一人当たりの粗利益を算出できます。

 

正社員を1、パートを0.5で計算してみてください。

月間のスタッフ一人当たりの粗利益が50万なら、

年間の一人当たりの粗利益は

600万と計算することができます。

 

美容室の労働分配率は40%〜50%が目安

ちなみに、粗利益から払う人件費の割合を

労働分配率と言います。

これは、多すぎても少なすぎても

問題があります。

 

人材がビジネスの「キモ」である美容室においては・・・

概ね50%前後を指標にしたいところです。

当然、スタッフが多いと一人当たりの人件費は低くなりますから、

少ないスタッフで粗利益を獲得することが大事になってくるのです。

 

目標はスタッフ一人当たりの粗利益1000万

このスタッフ一人当たりの粗利益は、

上場企業だと2000万〜5000万という高い数字になってきます。

美容室ではなかなか現実的ではありませんが・・・

 

美容室が目指したいところは、スタッフ一人当たりの

年間粗利益1000万という大台でしょう。

この数字があれば、小さな美容室でも

質が高く強いビジネスだと判断することができます。

 

労働生産性を高める方法はたった2つ

一人当たりの粗利益、つまり労働生産性を

高める方法は2つあります。

それは

■ビジネスの付加価値を高めること

■ビジネスの効率化をすること

に2つです。

 

付加価値を高めるという方法は、

いわゆる客単価アップで対策します。

値上げやメニューを見直すことなどで、

1時間あたりの客単価を高めることなどにより、

効率的に粗利益を増やすことができます。

 

また、オペレーションを効率化し回転率を高めることでも

労働生産性は高まります。

ただし、人口の減少・美容師求人難などを考慮すれば、

回転率などのサロンワークの効率化による

生産性アップは時代に合う対策ではないかもしれません。

 

となれば、小さな美容室が取り組むべき対策は

【高付加価値サロンづくりによる労働生産性の向上】

が最優先なのではないかと考えます。

美容室経営者にとっても、

売上高1億を目指すことは1つの

基準にしている方は多いでしょう。

見栄えも良く、一見すると「儲かってそう」に感じますからね。

しかし、売上高が1億あっても、

「スタッフが何人なのか」で

ビジネスの「質」は大きく変わります。

 

未来を見据えた経営をするためにも、

「スタッフ一人当たりの年間粗利益」という指標を

最重要視してサロン経営に取り組むことがオススメです。

 

利益体質で人がやめない経営術とは・・・
牧健太郎(まきけんたろう)
株式会社Lib Works 代表取締役
1977年 生まれの41歳

12年の東京生活を終えて大分市に
2007年
レコルトヘアーインクをオープン
(給料は安く、長時間労働の最悪な経営でした)

2009年 闘病中の父親に接する為
サロンワークを減らす
2011年 父親が亡くなる
2011年 スタッフ全員やめる

2012年 時間とお金を掛けて
いろいろな技術セミナーに行き
タダの
ノウハウコレクターになってしまう。

2014年
マツエクの技術とコンサルを受けて
経営戦略の勉強をはじめる

2018年 サロンビジネスアカデミー鈴木塾の
脱職人経営を読み、
経営戦略の大事さを痛感する

2019年 サロンビジネスアカデミー
鈴木塾9期を卒業し右肩あがりに業績を上げて

 

3年連続前年比120%、

3年連続離職0人をキープして

過去最高売上を記録中!

 

お問い合わせ